FC2ブログ
お豆の育児たいけんサイト
2006年12月に待望の長男誕生!子育ての模様をイラストで公開。おすすめのベビーグッズもあるよ♪
妊娠のタイミング法
ちょっと、おもしろい記事があったので紹介します。
妊娠のタイミング法についてです。

タイミング妊娠法とは…
『新鮮な卵子と活力に満ちた精子が受精するタイミング』
受精から妊娠へと継続しない原因は、受精卵の質によります。
受精卵の質を大きく左右するのは、卵子と精子がどのタイミングで出合うか、
にあるようなのです。

『排卵日前3日から排卵後1日までの5日間に性交して妊娠した女性は流産率が低いものの、 それより早い時期や排卵後3日目に性交した女性では 流産率が高くなっている』

排卵日3日前の性交による妊娠は精子の老化が進行していたため、
排卵後3日目の性交による妊娠は卵子の老化によって流産する確立が高いと考えられます。

●精子の受精能力は?
受精能力は射精後48時間。
48時間を境に徐々に受精能力が低下していき、84時間後には受精能力を失ってしまうそうです。

●卵子の受精能力は?
排卵後6時間の卵子と射精後48時間以内の精子が出合う必要があるのです。 ただ、卵子の老化は進行が早く、排卵後2~3時間以内の受精が理想的。

ポイントは、『排卵したときに、そこに精子が待機している』こと。

■“いつ”排卵するのか?
基礎体温表から推測する
低温期から高温期に移行するタイミングで、一段と体温が下がる日があります(最低体温日)が、この最低体温日の前日もしくは当日、さらに翌日、翌々日の4日間のいずれかが、排卵日であると予測されます。

子宮頸管粘液(おりもの)から推測する
子宮頸管の内側に充満している粘液の状態は、月経周期中、ホルモンの働きによって変化します。
この変化(膣粘膜の感触と膣粘液の状態)から 排卵を予測しようとする方法です。

◆第1期◆
月経が終わったあとの3、4日間は膣粘膜が乾いた状態。粘液はない。
  ↓
◆第2期◆
第1期のあと、膣は湿気が出て少量の粘液(不透明で黄色がかって粘り気がある)が出ます。この状態が3、4日続きます。
  ↓
◆第3期◆
膣が濡れて滑りがよくなります。
粘液の量も増え、透明で卵の白身のような状態で弾力性があって滑らかです。
指先にとり、親指と人指し指でつまみ、ゆっくりと離すと、糸を引いて4センチから15センチくらいに糸を引いて 延びます。

この状態が約3日続きます。この第3期が動物の発情期にあたります。
粘液の量が最後の日がもっとも多くなり、この日、もしくは翌日が排卵日になります。

(第3期のあと、膣は再度、第2期と同じ状態に戻って、2日程度続いた後、第1期になり、次の月経まで続きます)

排卵日検査薬
排卵日検査薬は、ドラッグストアや薬局で購入可能です。
排卵日検査薬は尿中のLHサージを調べることで、排卵日を推測するものです。
※LHサージとは?
排卵前にLH(黄体形成ホルモン)が大量に分泌される現象。
LHサージの後、15~24時間以内に排卵すると言われています。

①基礎体温表、②頸管粘液、③排卵日検査薬の3つを併用することで、より正確な排卵日を予測することが可能です。

排卵日の2日前と前日と排卵日の3日間、夫婦生活を持つようにします

詳しくはココ




ちなみに、お豆は『おりもの』の状態がわかりやすいことと、排卵痛があることから『おりものの状態から排卵日の予測』することにしました!

ただ、これは妊娠しやすくするため、流産しにくくするための一つの方法であって必ずしも成功するとは限りません。
赤ちゃんが出来なくても落ちこんだりしないで、まずは身体作りから始めたいと思ってます。
スポンサーサイト