お豆の育児たいけんサイト
2006年12月に待望の長男誕生!子育ての模様をイラストで公開。おすすめのベビーグッズもあるよ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
草スキー
1歳4ヶ月
草スキーに行ってきました。
豆太郎もデビュー。いくぞぉぉ それ~!
okiniiri080501.jpg

↑うほほーいヽ( ・∀・)ノ 

スピードがあまり出ないので、小さな子どもでも楽しめマス。
専用リフトでソリごと頂上まで登れるので、ラクチン♪

試しに自力で登ってみたら息が切れたバイ(;´д`)ヒョエー

熊本県御船町 吉無田高原『緑の村』キャンプ場
入村料(大人)200円、ソリレンタル2時間/250円 持込1日/200円
スポンサーサイト
ポリオ2回目
1歳4ヶ月
ポリオ2回目に行ってきマシタ!

下痢もしておらず、体調万全で無事終了~♪なんて思ってたら

『接種後30分は指しゃぶりと飲食を避けるように』
と注意書きがあったにも関わらず

思いっきり指しゃぶりをしてしもた( ゚д゚ ) アッ!

消毒すれば大丈夫デスよ~と保健師さんに言われましたが
うっかり油断しちゃってました。

ちなみに指しゃぶりNGなのは、吐き戻し防止ワクチンを撒き散らさないようにするためだそうデス。

ポリオとは・・・
『小児麻痺』と呼ばれ、ポリオウイルスが脚や腕、胸、腹の筋肉を麻痺させる病気。重症の場合は後遺症としてマヒが残ったり、死亡することもある。

イタ~イ
1歳4ヶ月
最近イタ~イと言うのがブームな豆太郎。

大人の気を引く最も有効な言葉を会得した模様。
まったく、余計な知恵がついたものじゃ。


omame4080424-1.png

↑イタイー(`△´;)ってわめく時は大抵痛くありません(笑

そして、なぜか
『こんなふうにイタイした』と言わんばかりに実演

omame4080424-2.png

↑別に実演しなくてもいいんですよ(´Д`)丿オーイ 
手作りゼリー
1歳4ヶ月
最近のおやつの定番は手作りゼリー
豆太郎風に言うとジェリーですけども(:.´艸`:.)クスクス

果汁100%や野菜ジュースをゼラチン・クリアガー等を使って手軽に作ってマス。
okiniiri080424.jpg

↑本日は杏仁豆腐。杏仁シロップが付いた市販の素を使ってるのでチョー簡単レシピ。豆太郎はこれを一気飲み( ゚д゚ ) アーーーッ!ジュースでは無いのですぞ!!

おやつの予定なのに朝からねだられておかわりまでされております。
気に入ってくれたようで嬉しいんですが、ご飯も食べてちょ。
ニッキョロのプラコップ
1歳4ヶ月
我が家には子連れの友達がよく集まるので、
プラコップを新調しました!

重ねて収納できるのと、電子レンジ&食洗対応OK。
さらに価格が安くてGood!


okiniiri080421.jpg

↑飲み物を間違えないように色違いで6色。ちなみにこのキャラクターは『ニッキョロ』っていうらしい。シリーズでお弁当箱とかプレートとかのアイテムがたくさんアリマシタ♪
1歳4ヶ月の記録
1歳4ヵ月
成長の記録。言葉が増えマシタ!

日常生活の言葉
ハイ、、バッバーイ、パイ(捨てる)、ナンナイ(物をしまう)、アッチ(熱い)、アイタ・イタイイタイ(痛い)、マイ(おしまい)、ナイ(無い)、アッタ(物があった)、ネンネ

指示語
アッチ、コッチ、コレ、アケテ、トッテ、ミセテ
最近はめんどくさいのか、全て『テッテ』と曖昧に言うことも・・・(ノ∀`)

食事
マンマ、マン(パン)、ジューチュ(ジュース)、チージュ(チーズ)、ニンニ(おにぎり)、ジェリー(ゼリー)、チャチャ(麦茶)

動物など
ワンワン、ポッポ、ジジ(魚)、ニャンニャン、モーモー、ジョー(象)、ブッブー(車・ぶた)ママ、パパ、ジーチャン

掛け声 その他
ダー!、ジャーン!(ジャンプ)、ジョー(水を流す音)、バン(鉄砲)、ボー(ボール)


豆太郎の最近のお気に入りはジョー(象)。
象を見るたびにジョージョーと言ってマス。ビバ動物園!
強引な男性
1歳4ヶ月
女性は『男は引っ張ってくれる人がいい』といいますが
我が家には多少強引にリードしてくれる男性が・・・約1名。


omame4080418-1.png

↑『ママー』と床をポンポン。『コッチに来て座れ』ということらしい。
隣に座る私はまるで恋人。(・ω・)(・ω・)チョコーン


omame4080418-2.png

↑『ママー』と強引に連れて行かれる私。母の用事などお構いなしに一日中遊びに誘う男児。

毎日、彼のリードで忙しく過ごしてます。
博愛主義
1歳4ヶ月
豆太郎は動物にエサをあげるのがお好き。

それが、お茶碗の絵にも飛び火してきマシタ。

okiniiri080416.jpg

↑『ぽっぽぽっぽ~』と指差すから何かと思えば、『鳥にもご飯をあげて』ということだった。君はなんて優しい子なのでしょう( ´∀`)

なので、一口食べさせるごとに鳥の絵にもアーンもぐもぐ。
・・・時間がかかります(泣 
こどもちゃれんじ
1歳4ヶ月
申し込んでいたこどもちゃれんじお試しDVDが送ってきたので、車で視聴。

身を乗り出して食いついてます(笑
ずっとこの体勢なので首が痛くなりそう・・・(´∀`*) アハ

omame4080415.png

↑のりもの、動物(犬、鳥、猫)、リズム遊び。この年齢に合った気を引くものが盛りだくさん。おかげでチャイルドシートにすすんで乗るようになりました。

ちなみに姉ベビはこどもちゃれんじの愛用者。
忙しい共働き夫婦にはかなりお役立ちアイテムらしい。

ううむ。さすがしまじろう(´∀`) アッパレ
木のおままごと
1歳4ヶ月
ボーネルンドの『ボーネシェフフルーツ』
児童館で遊んでお気に入りの様子だったのでついに購入♪

他のメーカーでも似たようなセットがあるんですが、
ここの製品が発色や風合い、木の質感がバツグンに良くてオススメ。

包丁で切ったときのざくっという音が何とも気持ちいい!

okiniiri080414.jpg

okiniiri080415.jpg

↑収納してるバスケットの中から『アッタアッタ』と包丁を取り出してせっせと切ってます。最初はサポートが必要でしたが、慣れてくると左手で支えて切れるようになりマシタ。
おっぱい卒業④~おっぱいを卒業して
泣きわめくことを覚悟してたのに、意外なほど我慢する豆太郎。その様子が何よりも心を痛めました。

断乳後すぐの豆太郎は「アレする。コレする。コレじゃない!」とヒステリック気味に指示を出す場面が多くて心配しましたが、自我が発達し、主張する意欲が出たのだと思います。


腕の中でスヤスヤ眠る豆太郎―。
おっぱいを飲み終えた後の満足気な顔が浮かび、思わず胸が熱くなります。

不安な時はおっぱいに頼っていた豆太郎でしたが、これからは違う形で乗り越えていくのでしょう。

そして私もおっぱい頼みの生活にバイバイです。



omame4080412.png

↑おっぱいに顔をうずめて幸せそうな豆太郎。ママはこの幸せな時間とぬくもりをずっと忘れないよ。いっぱい飲んでくれてありがとね~。
おっぱい卒業③~断乳の記録
豆太郎の断乳の記録

1日目(6時間ごとに搾乳)
朝、『おっぱいにバイバイしよう』と言うとバイバイする。
『じゃぁ、おしまいね』と言うとイヤイヤと首を振る。
結局、自分から離れるまで飲ませる。

昼間は遊んで気を紛らわせたが、夕方には乳を欲しがり号泣。
旦那の提案で水で薄めたカラシをチクビにぬってくわえさせる
驚いた表情でさらに泣く。しかし、飲むのは止めた。

眠る前にはチクビに絆創膏を貼って『ママのおっぱいはイタイイタイなの』と説明する。
明け方、いつもならおっぱいを飲むところだが、「チャチャ」と麦茶を欲しがる。

omame4080411.png

↑絆創膏を貼ったおっぱいに触れると顔面蒼白で後ずさり。
この時の豆太郎の様子は忘れられない。




2日目(6時間ごとに搾乳)
片時も離れずに抱っこを欲しがるため、外に連れ出し気分転換。
おっぱいを触ろうとするがガマンしてる様子。

3日目・4日目(6時間ごとに搾乳)
前日同様ひたすら抱っこ。
ほとんど笑わず、ちょっとした事でのけぞり泣く。
私はおっぱいが詰まりかけており、このあたりが一番辛かった。
一瞬、『止めようかな』とよぎったが、ここで諦めては互いに辛いだけと断行。

5日目以降(1日1回搾乳)
少しずつ笑顔が戻ってきた。
寝るときと起きる時はおっぱいに触りたがるが
『ママ痛い痛いなの』と言うとサッと手を引き「イタイイタイ」と呟き諦める。


つづく→おっぱいを卒業して
おっぱい卒業②~断乳を決めた理由
1歳3ヶ月
いつかは自然に卒乳する日が来る

それが私の理想デシタ。

でも、白斑や炎症などのトラブルでストレスを感じていた私は、その『いつか』が来るのを待てませんでした。
  
授乳間隔を空けようとすればするほど豆太郎はおっぱいに執着。大切なスキンシップのはずが、『また~!?』と憂鬱な気分に。

結局、3時間おきの授乳に逆戻りし、体力の限界を感じました。

豆太郎の離乳食はゆっくりと進んでいたので
『もう、おっぱいを離していい時期かもしれない』と思い始めたのデス。


そこで、去年『お食初め』をした4月1日を選んで卒乳を決めました。


つづく→断乳の記録
おっぱい卒業①~断乳シマシタ
1歳3ヶ月
4月1日に断乳を決意。そしてついにおっぱい卒業を迎えました!

しばらくは「ママー」と片時も離れたがらず不安顔。
情緒が不安定になったり、急に発熱したりと大変でしたが、ようやく安定した模様。

一週間経ち、ようやくいつもの笑顔が戻ってきたカナ~?って感じです。

今でも寝る前にはおっぱいを触ろうとしますが、そこはガマンのさせどころ
豆太郎も唸り声を漏らしながらこらえてます…(ノω・、) エライゾ



私は乳腺炎などおっぱいトラブルで悩んできたので
無事に卒乳できて肩の荷がおり、すご~く楽になりマシタ(´∀`)ホッ

よくがんばったぞ私のおっぱい!またいつか活躍してくれ!

つづく→断乳を決めた理由
新しい家族ッピ
1歳3ヶ月
新しい家族が増えマシタ!
昨日、ジイチャンが趣味で飼っているニワトリにヒヨコが誕生。
okiniiri080402.jpg

↑生まれたてホヤホヤ。ちょーかわいいデス。子どもよりも親たちの方が大はしゃぎ(笑

ポッポが大好きで餌をあげるのが日課の豆太郎。
ますますポッポ熱が高まりそうな予感デス。